第6回HOIKU*発表会レポート

みなさん、こんにちは!

5月21日に開催した第6回HOIKU*発表会のレポートをお伝えします。

10の学校から総勢54名の学生たちが集まって来てくれました。

 

いつもと同じく『発表→メッセージカード記入→話し合い』という流れでしたが、今回から話し合いのテーマは発表者から出してもらうことで、より深い話し合いをできるよう工夫をしました。

 

まずは、アイスブレイクとして鎌倉女子大学児童文化部のみなさんがバルーンアートを教えてくれました!

続きを読む

第5回HOIKU*発表会レポート②

ダイジェスト版できました!

続きを読む 0 コメント

第5回HOIKU*発表会レポート①

6組の団体と70名の保育学生が集結!

続きを読む 0 コメント

<8/6保育キャリアセミナー>学生レポート②

こんにちは!国立音楽大学で幼児音楽教育を学んでいます。3年生のおいです。私は1年生の夏に行われた保育キャリアセミナーをTwitterで知り参加して以来、2回目の参加でした。話すのは大好きですが文章にするのは少し苦手な私ではありますが精一杯お伝えしたいと思います。

 

今回のイベントに参加した大きな理由は2点あります。

 

☆他大学の学生と知り合えて情報共有できる☆

 以前、一人で参加した時このイベントで知り合った仲間の存在はとても大きいものです。同じ分野の勉強をしているとはいえ大学によってカラーに違いがあります。ですが、同じ年代で感じている悩みや不安は一緒!中々再会は出来ていませんが、頑張っている姿にいつも元気を貰っています。

 

☆現役の保育士さんとお話しができる☆

 大学で所属している「音楽あそび研究会むっく」というサークルや個人でもボランティアとして現場に行かせていただくことはあります。ですが、直接近い距離で現役ベテラン先生方とお話しできる機会は滅多にありません。とても貴重な場だと思いました。

 

実際に参加してみて…

 

①    とにかく自己紹介が凄かった!

「わたしのこと、あなたのこと」と題されたこの自己紹介イベントには感銘を受けました。4,5人でグループに分かれそのメンバーでいわゆる「記者会見」を行うといったものです。キャストと呼ばれる質問を受ける人、質問をする記者と分かれ記者が5分間で3問ずつ質問を回していく。初めましての人なのにゲーム感覚で楽しくできたおかげかすぐに打ち解けることができました。とても不思議な感覚でした。

続きを読む 0 コメント

<8/6保育キャリアセミナー>学生レポート①

外は35度近い気温の中、8月6日に実施された<保育キャリアセミナー>に参加をしてくれた学生さんからレポートが届きました!

まずは、短大生の莉奈さん(1年生)です!
1年生が、一人で申し込んで、一人で参加し、ちゃんと自分らしくやり取りができるしっかり者!周りの先輩や保育士さんも「すごい!」「えらすぎる!!」と大絶賛でした。

このセミナーは「教えてもらう」ことより「一緒に学ぶ」ことを大切にしています。だからこそ、1年生だって大切な主役のお1人。そんなことを体感くださったようで、とてもうれしいです。

続きを読む 0 コメント

第4回HOIKU*発表会レポート

続きを読む 0 コメント

第3回保育発表会学生レポート③

学生レポートの最後は、この発表会の発起人でもあり、すべての会に発表者として参加してくれている國學院大學の櫻井くんです。

保育学生のためのイベントを細々と開催していたわたしに声を掛けてくれた櫻井くん!

この発表会は櫻井くんとともに作ってきました。4年生の櫻井くんが学生として参加できる最後の発表会。

 第3回の保育発表会では「学校横断スズキーズ」として、4つの学校を横断したチームを結成して発表をしてくれました。

 

発起人として、発表者として、未来の小学校の先生として、様々な視点からレポートしてくれています!

************************

 

私は今回、様々な大学に通う学生同士声を掛け合いグループを組み、学生選抜チーム「スズキーズ」の一員として保育学生の発表会に参加しました。

3回目の参加となりますが、参加していて1番強く感じることは、毎回成長できているということです。

続きを読む 0 コメント

第3回保育発表会学生レポート②

保育発表会学生レポート第2弾は、東京都市大学のTakaさんです。

Takaさんの所属する「ぽっけ」は初参加で発表者として参加してくれました。

以前保育キャリアセミナーに来てくれた都市大の先輩に紹介してもらったのですが、発表会の説明をした場で「参加します!」と決めてくれた行動力と決断力のあるTakaさん!

発表時にはこだわり満載の教材を使って、起こったトラブルにも臨機応変に対応する姿は、他校のみんなにはとても頼もしく見えたようです。

 

「焦らない」

「笑顔を絶やさない」

 

保育現場でも求められる、とてもシンプルだけど、すごく難しいことを実践してくれたTakaさんからのレポートです!

 

*************************

 

初参加、東京都市大学3年、児童文化研究会ぽっけのTakaです!

 

第3回保育発表会、とても楽しかったです。発表会については、先輩の紹介を通して知りました。

近年少しずつ変わってきていますが、保育に関するスキルやアイディアって、ともすると閉鎖的になりがちですよね。

ぽっけの活動をしていて、仲間とよく話していたのは、「本当に自分たちの力になっているのかな」ということです。

子ども達や保護者の方の反応は素直で、確かに喜んでくれているのは分かるのだけれど、もっと他にもできることってあるんじゃないかなぁ、と漠然と感じていました。

発表会に参加させてもらうことを決めたのは、ぽっけの活動や自分自身のやり方について、改めて見直すきっかけになるんじゃないかと思ったからです。

 

「もっと自由に色々試してみても良いんだよ」と後輩達の選択肢を増やしてあげたい、お節介な気持ちも少しありました。

続きを読む 0 コメント

第3回保育発表会参加学生レポート①

先日の保育発表会に参加してくれた学生さんからレポートをいただきました!

 

第1弾は見学者として参加をしてくれた明星大学の増田さんです。

SMILYという、発達障がいの子どもたちを学校に呼んで、一緒に楽しく過ごすサークルに所属している学生さんです。

幼児から中学生まで幅広い子ども達と触れ合う中で、もっと子ども達にとって良い時間を過ごしてもらうために何ができるかを真剣に考えているメンバーのお一人です。

 

未来の保育者として、サークルの一員として、感じたことをレポートしてくれています!

*********************************

続きを読む 0 コメント

第3回保育学生のための保育発表会レポート

12月6日(日)にグローバルキッズ飯田橋園にて「第3回保育学生のための保育発表会」を開催しました!

全員で10校53名もの学生が集まってくれました!

続きを読む 0 コメント